貧しくヌルいオタク

趣味以外も色々書いてるだらしないブログ。ただいまモンスターハンター4ちまちまプレイ日記メイン。

アナタ放送スル/久々の動画UP

MAG+最終日の野良でお会いした方に、自分のPSU動画を観てくれていた人がいてビックリ!
いや、観てくれている人はいると思いますが、フレ以外で動画を観た人に会ったのは初めて。
ログアウト前に、「今日は動画の人とご一緒出来て楽しかったです」
と言われて一瞬へ?となりました。
しかしその後youtubeにUPした動画を観たと聞いてゾンヅル感激!
すげーなあ、嬉しいなあ。
そりゃあだってBroadcast Yourselfだもんなあ。

でもここの所ずっとPSUの動画をUPして無かったですね。
実は撮っていることは撮ってるんです。
そこで今回は未公開映像をUPします!



ごめんなさいただのボツ動画です。
レアミッションを引いたものの、一緒に行く仲間が誰もおらず一人で行った時の様子。
ラス箱のレアに期待して録画したのに、あまりにも悲しすぎる中身。
ランクSのラス箱で消費アイテムは勘弁してくれ、ソニチさん!
[アナタ放送スル/久々の動画UP]の続きを読む
  1. 2008/12/27(土) 22:56:27|
  2. PSU・イルミナスの野望|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

終わったり始まったり

 マキシマムアタックG+も終わり、ついにコロニーGBRが始まりましたね。

MAG+はやろうやろうと思って最後らへんにちょこっとやった感じです。
なのでレベルカンスト出来んかった…。
まあハンドスピアS+が手に入るだけのバッジが取れたのでいいかなと思っております。
結局レアらしいレアに出会えませんでしたが。

残りのバッジで金5枚のモンタくじを引いてみました。
新リフォームチケット5種の内、3種があたり、ゾンヅル他倉庫2キャラを久々のリフォーム。
特にゾンヅルはバイオパニック以来だから…何ヶ月ぶりだろう。

パノン・ルーム。


パノンのオブジェがデフォルトで設置されています。
壁紙など内装は子供部屋って感じですね。
幼稚園くらいの子の。

コルトバ&ルンガルーム。


同じくオブジェ。
そういやコルトバのリアルな置物って今まで有りそうで無かったですね。
内装は色違いでポスターとオブジェがそれぞれのキャラになっている模様。
ルンガ・ルームもそんな感じです。
そういやいつになったらオンラインでルンガに乗れるんだ!
オフラインやってない人にとっては、ルンガ見てもナニコレ?って感じじゃないでしょうか。
あとストライカー。
数人で乗って、わいわい騒ぎながらヴァンダを蹴散らしてみたいなあ。

バイクやボードに乗れるんだから可能でしょう。
早くしてくれ、ソニチさん!
  1. 2008/12/26(金) 18:22:00|
  2. PSU・イルミナスの野望|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

のらみみ

 昨日の深夜、たまたまやってたアニメを観ていたのですが面白くて久々に最後まで観ました。
タイトルは「のらみみ2(に)」*
深夜アニメですが内容はエロ・グロ・萌え・反社会的表現とは全く逆の、
まったりほんわかアニメです。
最初、なんでこんなアニメが深夜にやってんだ?と疑問に思ったくらいです。
ちょっとハマってネットで無料視聴可能な第1話も観ました。
そしてそこに描かれる世界観を見てなるほど深夜かなあと納得。

かつて誰もが憧れた「居候キャラクター」
そんな居候キャラが世間にあふれかえる時代の物語

とこんなナレーションがOP・ED前後に入るんですが、居候キャラとは、
所謂藤子漫画によく出て来る「ある日突然別の世界からやってきて主人公の少年少女と
一緒に暮らすことになるキャラ」のことです。
このアニメはそんなキャラがどこにでも存在し、ほぼどこの家庭にも一緒に暮らしているキャラがいます。
しかしそんなキャラ達も劇的な出会いで子供達と回り逢って居候するわけではありません。
一見すると不動産屋のような「紹介所」に登録し、そこに訪れた親子に希望のキャラを
紹介したりキャラ自体が希望する子供のいる家を紹介したります。
そしてある程度(中学生くらい)子供が大きくなるとキャラと子供はお別れをします。
この時、紹介所はもっともらしい理由をつけて感動的なお別れを演出するそうです。
ようはアニメの最終回みたいなイベントにするわけですね。

キャラ達の特徴として
・子供が好きで子供のいる家に居候しようとする本能がある
・言葉を話すことは出来るが、文字を書ける者はあまりいない
・子供に対する愛情はあるが恋愛感情は無い
・オニや動物、妖怪系など種族がある
・特技を持っている
・弱点がある
・似通ったキャラの近所に居候したくないと思っている
等があり、居候先の子供に明るく振舞っているようなキャラにも実は悩みがあったり、
リアリティがあります。
深夜かなあと納得したのは、こういうリアリティってのはある意味夢の無い話ですよね。
子供に見せたら冷めちゃうみたいな。
なのでドラえもん、オバQ、ハットリくん、怪物くんなんかを見て育った大人が
楽しむアニメかもしれませんね。
最近シリアス系やバトル系、ギャルゲー系に飽き気味な方は是非ご覧あれ。
公式サイトで1話観れますしね。
[のらみみ]の続きを読む
  1. 2008/12/18(木) 23:20:17|
  2. 漫画、アニメ|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:5